フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

【 Karaboo (カラブー)】

Karaboo (カラブー)

わ~、すっかりUPが遅れてしまいましたぁ

我らがルックに、OPENしてまだ間もないこちらKarabooさんですが、改装してる時から気になってたんですよね~・・・。

でも全面ガラス張りでよく中が見える店内は、いつ見ても満席状態でナカナカお邪魔するタイミングが合わず、やっとの訪問。

18時位にお邪魔したのですが、私1人だったので、とってもフレンドリーなスタッフさんと沢山お話しする事ができました☆(この時間帯は比較的空いてるらしいですよっ

あ、ちなみにスタッフさんは皆さん韓国の方です

沢山あるメニュー、かなり悩みつつ、時間もあまり無かったので・・・

Sscn3241
まずはお通し3皿が供されました。いやぁ~嬉しいですね~、これぞ韓国スタイルですよねっ☆

Sscn3242
ワカメの胡麻油和えや・・・

Sscn3243
きんぴら牛蒡・・・

Sscn3244
大根と人参マヨ和え・・・

どれもおかわりしまくりたいぐらいにウッマイっす☆w そしてなんと嬉しい事に、このお通しの3皿は年内は無料で提供してくださってるそうです。で、申し訳なさそうに、来年からは少しお金を頂こうかと思っている。との事で、韓国ではもっと種類も多く無料だからなのか?あまりに申し訳なさそうなので、幾らで考えてるんですかぁ?って聞くと“200円”て・・・え!?やっ、200円てヾ(゚д゚;) 安過ぎっすょー や、良い人が滲み出てます

そ~し~て~・・・

Sscn3245
石焼ビビンバ
大好物チョイスです☆w 供されてすぐにスタッフさんが『私が混ぜましょうか?』と・・・えぇ、お願いします!w

Sscn3246
すると手際よく、軽快に混ぜ混ぜしてくださいます (見てて楽しいですよ♪)この際、お店の自家製コチュジャンを好みで加えます。

Sscn3247
んでキッレーに貼り付けてくれて~・・・出来上がりぃ~!で、少し待っておこげが出来た頃にフゥ~フゥ~しつつ、頂きます☆ 石焼ビビンバは本当に好物なので・・・ってのと、仕事柄色んなお店のを食べてますが、Karabooさんのは日本人向けに食べやすくしてある味付けベースに、それだけではなく、上手く本場韓国の旨味や辛味も効いていて、とっても美味しいビビンバでしたよ

で、時間もあまりないくせに、なぁ~んかもう一品いきたくて(笑)・・・

Sscn3248
豆腐チヂミ
チヂミだけでも数種類もあって、またもかなり悩んでしまいましたが(笑)、ヘルシーで女性にも人気出そうだし、軽くおつまみに・・・って感覚でも楽しめそうなので、この日はコチラをチョイス☆ 鉄板で供されたアッツアツのチヂミは、外はジューシーでサックサク、中は熱々でヘルシーな豆腐ちゃん、こりゃ~他のチヂミも絶対食べてみたい!と思わせる美味さでした☆

で、おまけなんですが、Karabooさんのトイレをお借りしたら、なにやら怪しくも幻想的なネオンがドアから漏れつつ・・・そこを開けると・・・

Sscn3249_3Sscn3252_3
Sscn3253_2Sscn3254_2  
すっごく個性的でセンス溢れる空間が広がり、お掃除もとてもキレイにされてて、高感度UPUPです

まぁ~、私はまた絶対に行きますが(笑)、皆様も是非是非っ

オススメです

関連ランキング:韓国料理 | 高円寺駅新高円寺駅東高円寺駅

【 むく庵 】

むく庵


ここは以前、 Pastaforest 20 という、ご夫婦2人で営業されていた超人気イタリアン(とっても美味しかったですよ☆)があった場所・・・

そのお店がある日突然閉店し、そこにそのまま居抜きで入ったのが、コチラむく庵さんなのです


ぅーっと気になっていたお店で、行こう、行こうとは思いつつ、なかなかタイミングが合わず行けてなかったんですが、二回りほど年上で人生の大先輩だけどお友達(笑)なお方にお誘い頂き、やっとこの訪問です☆

そしてそのお友達は既にココの常連になってるらしく、事前に“ちょっと工夫のある、ほっこり美味しい和食が食べれるお店”と聞いていたので、期待感が高まります♪

お店はご夫婦2人でやられていて、旦那様が厨房、奥様がホール。とても感じの良いご夫婦です☆


Sscn2127
お通し
この日のお通しは鶏肉と豆腐の旨煮におろしがかかった物でした。よく味が滲みてて、良い塩梅でウマし☆ 早速この後からのお料理が楽しみになります♪


Sscn2128

素麺南瓜の酢の物
あっさり、さっぱりと、お酢の加減も絶妙で本当に美味しいです お友達は素麺南瓜っていう野菜がある事自体、この日初めて知ったらしく、美味しい美味しいと食べてました☆


Sscn2129
お造り盛り合わせ
奥様が丁寧に説明してくださったのに、UP遅れまくりで覚えてないという失態 (奥様すみまっせ~んっ) どれも美味しく頂いたのは確かです!w 生蛸の吸盤がコリコリしててウッマかったっす☆


Sscn2130

蓬生麩のソテー
お友達オススメの一品。生麩というと大抵が田楽なんですが、むく庵さんではバター香るソテースタイル。この生麩がフワフワでありながら、ねっとり、もっちりも兼ね備え・・・そこに濃厚なバターの風味と、香ばしいカリカリ感が加わり・・・なんともいえない旨味溢れる一品なんですぅ~ さすがは食に煩いお友達のオススメなだけあり、がっつりハマってしまいましたっ☆w


Sscn2131

大和芋のおやき
も、ネーミングだけでも間違いない。w で、実際も外はカリカリ、中はふわっふわで所々にあるシャキシャキとホクホクの異なる食感も楽しい一品。


Sscn2132
茄子とはぐら瓜の蟹あんかけ
素揚げされた茄子とはぐら瓜、そこに優しぃ~いお出汁が効いた蟹餡・・・サイッコ

Sscn2134

餡はトロトロとサラサラの丁度間ほどで、身体温まる美味しぃ~いスープとして一滴残さず、お友達と掬い取ってペロリ。w


Sscn2135

うつぼの唐揚
これマジおすすめっ!ただでさえ大好きなうつぼですが、この唐揚げっちゅーのがたまらん美味いっ 外はサクッサクのカリッカリで、中はねっとりもっちりの食感で、淡白な甘味が口に広がるんです~


Sscn2136

活だこの粗塩焼
『これは食っとけ!っていうオススメのメニューって何ですか?』という私の質問に、奥様がオススメしてくださったのがコチラ。瑞々しくて、コリコリとモチモチの絶妙な食感で、噛む毎に甘味が増す、オススメなだけある、旨味溢れる活きだこちゃんです☆


Sscn2137

アボカド豚バラ巻き
中にガッツリアボちゃんおります。w なんともいえない食感と絶妙な塩梅で、つまみに最適です☆


Sscn2138

茹でピーナッツ
・・・と、『よかったらどうぞ。』と、頂いちゃいましたぁ~☆ 茹でピーナッツ大好きです~

お料理を一通り作り終えた旦那様も出てこられて、しばし談笑・・・ご夫婦お2人共とても感じが良いですし、せかせかせずに、とっても落ち着ける空間で、何よりお料理がどれも美味しいっ

メニューも定番メニューに加え、その時々の旬を使った“本日のおすすめ”メニューが抱負なので、いつきても飽きる事無く楽しめそうです

タイミング良く、誘ってくれたお友達に感謝、感謝ぁ~

また是非、行ってみたいお店でしたっ



って事で、程なくして早速再訪 (笑)


この日は義父とお邪魔しました☆


Sscn3011

お通し
まずは春雨の酢の物マカロニサラダが供されました。春雨サラダがちょっとパサパサでした まぁ、この日のお通しに関しては“それなり”・・・でしたね~


Sscn3012

お造り盛り合わせ
続いて、お造り盛り合わせでーっす。毎回奥様が丁寧に説明してくれるのですが、失念してしまっております、すみまっせん この日は赤貝やえびす鯛 etc. 同じ鯛でも数種あって、どれもが食感から旨味まで其々で、おもしろい☆ で、当然うまい♪


Sscn3013

ぼんじり旨煮
なんじゃこりゃ~!めっちゃ柔らかくよく煮込んであって、またこのほんのりと甘い出汁がよぉ~く滲み込んでるっ 口の中でとろぉ~っと溶けてゆきます 一滴残さずいっちゃいました!w


Sscn3014

肉厚しいたけのコンビーフチーズ焼
コレは本気の酒飲みのおつまみでしたね 元々が塩分(過度の塩気)に弱いなめくじちゃんなので、コレに関しては私には塩気がきつ過ぎました でも基本醤油や塩気大好きな義父も同じ事を言ってたので・・・ん~どうなんでしょ? まぁ、素直に焼いただけの椎茸がスキっす(ノ∀`)


Sscn3015

めひかり唐揚
好き嫌いが多かったり、ど田舎生まれだったりで、めひかりすら食べた事が無かったという義父でしたが、一口食べてパックパクといっちゃったほど美味かったもよう・・・私はめひかり好きだし、この唐揚げってたまらんので、もっちろんウマウマで・・・で、むく庵さんのは丁寧に頭が落としてあり、大きさもほぼ均一。んでもってなんだか肉付きがイイ☆ 間違いないっす (少食の義父がけっこーいっちゃってましたからね


Sscn3016
ブロッコリーとアスパラ明太マヨディップ添え
大きくて立派な器にキレイな発色のブロッコリーとアスパラさん・・・

Sscn3017
そして明太マヨディップが・・・野菜はやっぱりそのままが美味しいですね 明太マヨもウマイですが、塩だけでも美味しく頂けそうです

 

Sscn3018
丸ごととまとのおでん
この日は肌寒かったので・・・

Sscn3019

丁寧に湯剥きされたトマトには、とっても優しいお出汁がよぉ~く滲み込んでいて、美味しかったです☆ ただここで好き嫌い発揮の義父はトマトが全くダメだとかで・・・可哀相にっ。w


Sscn3020
大和芋のおやき
こ~れ~はっ!間違いないっしょ ねっとりモチモチの大和芋に青海苔が混ざった物が“おやき”風になり、青海苔のい~い香りと鰹節の風味も加わり、ウッマウマ


Sscn3021

生麩のソテー
前回食べてすんごく美味しかったので、この日もリピート注文です


Sscn3022

クリームチーズの3種盛
手前から、
ブルーベリージャム鮪の酒盗ネギと鰹節義父は何を勘違いしたのか?とろけるチーズだと思い込んで注文したらしく、それも自分が食べるんじゃなく私に食べさせようと思ったらしい・・・で、ペロっと頂きましたが、ブルーベリージャムはもうデザート☆、鮪の酒盗は私には塩辛過ぎでしたが、完全酒のつまみ☆(まぁ、当たり前だ。酒盗だもん♪w)、ネギと鰹節は気持ちネギがもうちょい欲しいかなぁ~・・・と。w


Sscn3023

鵡川産 おす本ししゃも焼
義父が飛びついての注文。w で、実はこの日はサービスでメスのししゃもさんも入れて頂きました☆ や、コレなんなんでしょ、本当に・・・すっごく実が厚く、ほふほふ、はふはふ状態で頂きます あぁ、そういや日本で“ししゃも”だと思って皆が食べてるのは、本物のししゃもではないっすからね~・・・こりゃ~美味いっ


Sscn3024
ごっくん馬路村
ここでごっくん馬路村というゆずのドリンクを炭酸割りで頂きました。ゆずのイ~イ香りのスッキリ美味しいドリンクでーっす☆


Sscn3025

うつぼの唐揚
大好物なので、こちらもリピート注文でっす


Sscn3026
青さのりの天ぷら
鹿児島産の青さのりを使った天ぷらです。沖縄のもずくの天ぷらなんかも大好きな私ですが、この青さのりって罪ですよね?そう思いません?・・・この香りは重罪でしょ~。w もう青さのりが入ってるっつーだけで美味いっすもんねっ。大羽なんかもそうだし。その青さのりが香り付けどころかメインで入ってる・・・ってか塊なんっすもん。一口噛むとパフーーーンと磯の良い香りが広がる美味しい一品です☆

 



Sscn3027

活だこの粗塩焼
こちらも前回に引き続きの注文。義父に・・・と思って注文したのですが、義父はもう随分と前から満腹で苦しんでいたようです (わたくし、ついつい自分のペースで。笑)

じゃあソロソロ・・・と思っていたら、『これよかったら、えびす鯛の皮ポン酢です』と奥様が優しい笑顔で供してくださいました。

Sscn3028

えびす鯛の皮ポン酢
うっめぇーーー 生臭さは無くて、なんかモッチモチで程好い弾力があって、面白い食感と歯応えの美味しい珍味(?)でした☆

席数ほど多くないものの、ご主人の美味しぃ~い料理を、ゆっくりのんびり、寛げる空間で楽しめる、とっても良いお店ですよー。

ちょいとHPチェックしてたら、また美味しいそうなメニューに変更されてたので、近々行きたいなぁ~・・・や、行くっ


むく庵

関連ランキング:居酒屋 | 東高円寺駅新高円寺駅高円寺駅

【 Plenty Mix (プレンティ ミックス) 】

Plenty Mix (プレンティー ミックス)

先日、日用雑貨がすっごくカワイイので、偶に利用しているT’atに行ったら、なんとお隣部分が改装されてCafeにっ∑(゚ω゚ノ)ノ

Sscn3101
Cafeは先月14日からOPENしているそうです。

Sscn3102
隣のT’atとは繋がっていますコチラで売られている商品はどれも可愛いしオシャレなんですよね~

Sscn3103
なぁ~んか、自分の部屋が、こんな家具や雑貨で統一できたらなぁ~・・・なんて思っちゃうオシャレ空間です☆

Sscn3104
こんな可愛いティーポットや・・・

Sscn3105
ちょっとしたカトラリーもとにかく可愛いっそして、そのどれもが実際にお隣で買えちゃうんです

料理人としては、家庭用で考えるととーーーってもステキなキッチンなんですが、今はまだドリンク数種のみの営業で、フードをやるかどうか?などは考え中だそうです。(是非やって欲しいっ

と、いうわけでこの日は・・・

Sscn3106
アイスティーを頂きました。

店長さんはとても感じが良く、気さくに話してくださる女性なので、T’atに寄ったついででも、歩き疲れた憩いにも・・・

オススメのCafeです


関連ランキング:カフェ | 新高円寺駅高円寺駅東高円寺駅

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »