フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

【 キレイになるための食卓 】

キレイになるための食卓


【お詫び】
この記事を、感想なども含め、細かく丁寧に書いていました。・・・が、突然のPCフリーズにより、書き留めた記事が白紙に・・・
わたくし心折れてしまいました
ので、手抜きに思われてしまうかもですが、決してやる気がないわけではないのでご了承下さい・・・ ショボーン...

グルメな友人がまたもやステキなお店を見つけてきてくれました~ ・・・と言いつつ、コチラにお邪魔したのも随分と前なので、コースの内容等、現在とは異なっておりますので、ご了承下さいませませ

コチラは野菜ソムリエ皇居の料理人であったシェフがやっておられるという事で私も興味津々でした☆



Sscn4555

2階にある店内は決して広くはないものの、席と席の感覚がとっても広々と取られてて、快適に、そしてゆっくぅ~りとした時間が過ごせるようになっています。・・・あ、で、こんなにステキな中庭(緑)も拝め、更に癒されます☆




Sscn4554

席に着くとステキなセットが・・・

ではココから旬のしっかりコース(¥4,000)の始まりです。


Sscn4556_2

おっと、その前に私はラ・フランスを・・・このジュースがまた、とにかく濃厚でウッマイ

Sscn4557
①先付け:小茄子揚げ浸し帆立ソテー挟み
ポテっとした可愛い小茄子の間にはソテーされた帆立が・・・優しいながらも、しっかりと出汁の摂られた餡がかけられ、小茄子の食感と帆立の食感もまた面白い一品でした。・・・と、スタートがコレだったので、以後、期待してしまいます。w

Sscn4558
②椀盛:鱈の身真状・ズッキーニ・舞茸・柚子
こちらもまた優しくも各素材の味が生かされた味付けでした。

Sscn4559
③お造り;北寄貝・中トロ・天然黒鯛・鱧
どれも新鮮で噛む毎に甘味が感じられました。個人的に鱧がたまらんかったっす 添え付けにほうれん草・・・ってのが面白かったです、いいですね☆


Sscn4560
④焼物:牛フィレステーキ(自家製ソース)
これね、特製のソースだったんですが、面白いお味でしたよ。しかもお肉は歯が要らないぐらいに柔らかかったなぁ~

Sscn4562
⑤揚物:穴子のアスパラ巻き揚げ
はい、ドンピシャ~(笑)・・・薄付きの衣はサクサクで、穴子はふわっふわで、アスパラのコリコリとした食感が相まって・・・ね!間違いない☆ w



Sscn4563

⑥煮物:里芋の石垣玉子・根曲り竹・空豆・簾麩
見た目はそんなないように見えますが、しっかりたっぷり色んな素材が入ってます。そしてそのどれもが他を邪魔しない、その其々の味が生きていました☆


Sscn4564

ブルーベリー
こちらのジュースは本当に濃厚でウッマイっす♪(←かなりお気に入り。w)

Sscn4565

⑦御飯:地鶏の雑炊(大盛りOK)
わぁー。見るからに食欲をそそります。

Sscn4568
しっかりと出汁の効いたスープには鶏や椎茸など具沢山♪絶妙な塩梅で、身体もポカポカと温まりました

Sscn4569Sscn4567
共に供されたほうじ茶漬物。漬物は可愛いミニサイズ!w ほうじ茶は個人的に大好きです☆

と、コースはデザートを残すのみとなったのですが、食いしん坊なわたくしは食べ足らず(笑)&他にも気になるメニューが幾つかあったので、ここからしばし追加ターーーイムっ!(笑)



Sscn4570

自家製胡麻豆腐
友人共に灰色がかった一般的に想像する豆腐が出てくると思っていたら、こんなにキレイなマーブル模様の豆腐が供されました。モチっとした食感に、程好い甘味としっかり胡麻の風味・・・超BIGサイズで欲しいぐらいのお豆腐でした☆

Sscn4571

新じゃが甘辛煮
ホクホクと甘味のあるじゃがいもで、これまた絶妙な塩梅!程好く甘く、程好く醤油の塩気が・・・パクパクと何個でもイケちゃいます☆(そりゃ私だけって?笑)

Sscn4572
旬の野菜の天麩羅
こごみ、行者大蒜、コシアブラ、ふきのとう、など、サックリと薄い衣でサッと揚げてあり、其々の素材自体の旨味が感じられる一皿。供される際に店長さんより、貴重なコシアブラはこの日たまたま入ったので出しました。タイミングが良かったですよー。との事。・・・やった☆

Sscn4573
アイスコーヒー
これ供された時友人と2人で感動しました。・・・わかります?・・・そう、なんと氷もコーヒーなんです!これって凄い合理的ですよねっ!?ありそうでなかったし、アイスコーヒーに限らず、氷の入った飲み物って薄くなっちゃうんですよね でもこれなら氷が全部溶けたって味は変わらないし、最後まで美味しく楽しめます☆ しかもウメー♪


さっ、ではコースに戻りまして・・・



Sscn4574

⑧水物:蕨餅キャラメルソース掛け
自家製の蕨餅はねっとり、もっちりしているのに口の中でとろけて無くなるような食感で、これホンットにウマウマ、ウマしでした~☆

店長さんをはじめ、料理長さん、スタッフの女の子も、皆さん感じが良く、よくテーブルも見てくれていますので、サービス面においても不快感はありませんでした。

変なダイエットするより、身体の中からキレイに・・・☆

また機会があればお邪魔したいですね

ごちそうさまでした☆


関連ランキング:和食(その他) | 大山駅板橋区役所前駅

【 居酒屋 まるまん (日本酒の会) 】

居酒屋 まるまん



さて、前回ちょっと触れていましたが、まるまんのパパさん(大将)よりお誘い頂きました、まるまん年に1度の日本酒の会に、お邪魔してきました~

今年は【ひやおろしの会という事で・・・


Sscn2458

いつもとは少し違ったまるまんさん、沢山の日本酒好きな皆様が来られてました。


Sscn2467
店内のいたる所に、ひやおろしのPOPが貼られています。w


Sscn2459
あ、そうそう、そもそも『ひやおろしって何?』って人の為に、各テーブルに分かり易く4コマ調の説明書きが置いてありました。(これ本当に分かり易い!)


この日は酒屋さんオススメのひやおろしが全部で10種用意され、その全てを少しずつテイスティングでき、勿論気に入った物があればその場で購入する事もできるんです

他にもアンケートの抽選があったり、ジャンケンで勝てば日本酒1本を貰えたり・・・なんてゲームもあったりで、中身の濃いイベントになってました。


ということで・・・


Sscn2468
各自に配られたこのお猪口グラスにて、まずは・・・

(注:あくまで私ごときの個人的感想ですのであしからず! 尚、赤で銘柄を表示しているものは酒屋さんオススメのひやおろしです。)

天寿(純米吟醸) 秋田 15~15,9度
10種の中で1番とろみがあり、舌触りは円やかで甘みを感じますが、最後には辛味がスッキリと喉越しを爽快に引き締めてくれます。10種の中で唯一“なでしこ酵母”から造られているだけあって、とろみや甘味からして、男性というよりはやはり女性向けの日本酒かもです☆ 揚げ出し豆腐や冷しゃぶなんかと合いそう♪

2、秀よし(特別純米) 秋田 15,5度
スーっと喉越し爽やか。コクと酸味のバタンスが絶妙で、個人的には1番爽快感があったように思います。こってりと角煮や肉じゃがなんかに合いそう。

米鶴(特別純米) 山形 17~17,9度
ご覧の通り、アルコール度数でもお分かり頂けるように、この日の中で1番アルコール度数の高い、ガッツリ!アルコール感です。w 飲み口が優しく、スーっと入ってくるのですが、数秒後には、カァーッっと・・・えぇ、すんごい勢いで“カァー!”っとなります。w これからの秋の夜長に是非!な、スッキリとした辛味が煮物料理とよく合う日本酒。

4、一ノ蔵(特別純米) 宮城 16~16,9度
舌触りは穏やかなものの、ピリピリとした辛味も・・・。辛口好きさんにはオススメで、まさに今が旬のきのこのあらゆる料理や、天麩羅なんかには特に合いそう☆

5、若竹(特別純米) 静岡 15~15,9度
口に含むと、パーっと爽快感が広がり、甘味を感じました。とても飲み易いので、特に女性に好まれる日本酒かなぁ~・・・と。こちらも秋の味覚にバッチリ合いそうです☆

6、月の桂(純米吟醸) 京都 16~16,9度
香りからして辛さが判る日本酒。舌触りもピリピリとしっかり辛味を感じつつも、どこか洋ナシのような香りも・・・なんとなくダンディーな日本酒。w けっこーな高齢の紳士が、これをちょこちょこ、肴をつまんでいたら・・・カッチョイイですね~☆ w コチラも秋の味覚と合わせたい。

7、
小鼓(大吟醸) 兵庫 16,5度
あー・・・個人的好みですが、私はこちらの日本酒が1番好きでした☆ 舌触り円やかの中に程好い辛味もあり、それでいて喉越しはスーっと溶けていく感じ。で、関係ないけど(いや、でも大事!)こちらの日本酒、ラベルがまた可愛いんですよ☆ それがコチラ・・・

Sscn2472
どうです?可愛いですよねー? こりゃ、脂のよぉ~くノッた秋刀魚に合わせたいっ!☆

8、9NINE菩提もと純米) 岡山 15,5度
10種の中で1番フルーティな日本酒。甘さの中に酸味もあって、まさに御前酒ですね。どこか白ワインにも似たような味わいで、今が旬の秋刀魚の塩焼きなんかに合わせたいですね☆

9、七冠馬(純米) 島根 16,5度
太く滑らかな舌触りで辛味と酸味のバランスが良く、どんなお料理にも合いそう。個人的には冷やで蕎麦!って感じでした☆

10、五橋(純米) 山口 15~15,9度
ほのかに香る上品な吟醸香と、口当たりの優しさで、喉越しは軽快☆ 今回の中では個人的に1番の透明感を感じました。これはぬる燗でいくのが渋いかなぁ~・・・スルメとか、漬物とかとチビチビが旨いっぽ☆


とまぁ、こんな感じのラインナップだったのですが、飲み進めるにつれて参加者様方の声のボリュームも上がってきます(笑)。

あぁだない。こぉだない。

其々の好みも分かれるようでしたが、私は小鼓が1番おスキでございました



で~・・・


次なる主役です



それは・・・


この日限りの特別なぁ~・・・

Sscn2460
まるまん特製、松花堂弁当

でーーーーーーーーーーーーっす

Sscn2466
早速蓋を開けますとぉ~・・・

 

Sscn2461
ジャーーーーーーーンっ


Sscn2462

きのこの香り良く、旨味が詰まったきのこ御飯、梅の酸味が絶妙なカワ鱒の梅肉巻き、最後の楽しみに残した程好い甘さの栗の甘露煮、判り難いですが茄子も入っておりましたよー☆


Sscn2465_2

刺し盛りには烏賊秋刀魚、どれも新鮮でしたが、個人的には軽く炙ってあった秋刀魚がヤバかったっす☆


Sscn2464_2
前回食べてかなりHITだったゴーヤレタス肉巻き蒸し、好物過ぎる牡蠣グラタン、まさに酒の肴な鮭のからすみ焼き、意外にもお初でしたが面白い食感のみずの実おひたし、美味しい烏賊の塩辛

 

Sscn2463
あんま写ってないけど(すんません子持ち鮎の煮びたし、甘味とプリプリ感がたまらん海老のトウモロコシ焼き自家製薩摩揚げ、九州出身のわたしには嬉しい鶏の柚子胡椒焼き帆立・しし唐・うずらの串焼き南瓜饅頭

Sscn2471
これこれっ、これが子持ち鮎の煮びたしです。もうね、塩辛いだけの味付けが苦手な私には、何匹でも食べたかったぐらいによく出汁の効いたドンピシャ好みな塩梅でした~

 

Sscn2469
これ南瓜饅頭なんですが~・・・

 

Sscn2470
中には挽肉(?)なんかがぎっしりと詰まってて、すんごい旨かったっす~

と、一心不乱に食べておりましたら(笑)、クイズ大会が始まり・・・

【問題】
本日の10種のひやおろしですが、なでしこ酵母から造られたものが1つあります。それはどのお酒でしょうか?

え~・・・私には簡単な問題でした~・・・

で、見事正解

約20名程の参加者のうち、私を含め4名が正解で、そのままじゃんけん大会へ・・・

 

Sscn2477
わたくし惨敗につき、見事商品の日本酒をGETしたのが彼でーーーっす(ん~!イイ笑顔っ

あ、因みに答えは1番の天寿です。

この後、人の良い正解者の彼は皆に振舞っていました


こんな感じで、この日の流れは終了・・・なのですがぁ~・・・


Sscn2473
まだまだ食いたい面(笑)な私に、パパさん&ママさんから追加ご飯頂きましたっ


Sscn2475

きのこご飯~

Sscn2474
筍やら蓮根、鶏の煮物など、ウッマイ

Sscn2476
〆はやっぱりお出汁の効いた味噌汁で~


いっやぁ~、大変満足でしたぁ~



いつもとは少し違ったまるまんさんの夜・・・

年に一度の会ですからねっ・・・日本酒好きの方は勿論、あたい実は弁当目当てなんだけど・・なんて方にも(笑)、是非オススメしたい会でした


パパさん、ママさん、娘ちゃま

いつも本当にありがとでーーーっす


関連ランキング:うなぎ | 新高円寺駅高円寺駅東高円寺駅

【 簡単たこ飯 】

誰にでもできるような簡単なレシピを教えてよ。と、最近やたらと要望を頂きますので、チャチャっと乗せますね・・・(笑)

Dsc_0071_2
★ 簡単たこ飯 ★

【 材料 】

米 ・・・ 3合
茹蛸 ・・・ 400g位(好みで調節)
めんつゆ(濃縮タイプは希釈) ・・・ 150cc
水 ・・・ 350cc
大葉 ・・・ 適量

【 作り方 】

コレが簡単なんすよ~。も、とにかく、普通に米を研いで、ざるに上げて水気を切ったら炊飯器に・・・
で、茹蛸は炊き上がると縮むので、きもち大きめの一口大にカットしてドカン。
更に、めんつゆと水を入れたら、後は炊飯ON!
炊き上がったら好みで大葉や三つ葉、葱などを乗っけたら完成ーっ

私は今回、半端に余ってた鶏のきんかんもいっしょに炊いちゃってますが(笑)、他には油揚げや筍、生姜などなど、好みで具材をプラスしてもOKです☆

甘めが好みの方は一つまみ砂糖を・・・。
濃い目が好きな方は一つまみ塩(若しくは醤油少々)を・・・。

炊き上がってる最中の、蛸のうっまそーーーな匂いがたまりませんよぉ~

んな感じで簡単で、めっちゃウマウマなので是非ぃ~


【 牛蒡と野生茸の炊き込みご飯 】

昨日からイキナリ冷え込んで、すっかり秋ですね~

最近、いつも良くしてくださっています業者さんや、地元の農家の方々から嬉しい旬を頂きます

そんな今夜は土臭ぁ~い“牛蒡”“野生茸”を頂きましたので、和定食風にまとめてみました

Sscn2779
牛蒡と野生茸の炊き込みご飯膳

Sscn2774
★ 牛蒡と野生茸の炊き込みご飯 ★

Sscn2775
牛蒡は皮と身の間に1番栄養が詰まっているので皮ごと使用します。牛蒡はシャキシャキでしっかりとした歯応えと程好い土臭さが香る味わいで、野生茸は普通の茸よりもかなり濃厚な風味でコリコリ♪ 味付けは相変わらずテキトーなんですが(ブハッ)、コレが我ながらウマウマでしたっ

Sscn2776
★ 作り置き惣菜3点盛り ★
わたくし何かしら冷蔵庫に惣菜を数品は作り置きしてまして・・・今回はりんご酢使用の胡瓜の浅漬け、故郷博多直送の明太子使用の糸コン明太子炒め自家製梅干し山芋の自家製梅肉和えです。

Sscn2777
中でもこの糸コン明太子炒めは簡単にサっとできて、温かくても、冷やしても、つまみにもおかずにもなるので、かなり重宝します・・・因みに作り方はといいますとですね・・・

(目分量清算ですが、あしからずっ

[材料]
・糸コンニャク(一般的な物)・・・1袋
・明太子・・・だいたい1腹
・ネギ・・・好みで
・サラダ油(炒め用)・・・適量
[調味料]

・酒・・・小さじ2
・醤・・・小さじ1
・サラダ油・・・小さじ1,5

[作り方]
1、糸コンニャクは食べやすい長さに切り、熱湯に通して臭みを抜き、ザルに上げる。
2、.
明太子は丁寧に中身を出しておく。
3、
フライパンにサラダ油を熱し、糸コンニャクを加えて炒める。
4、全体に油がまわったら調味料の材料と明太子を加え、炒め合わせる。
5、
全体がうまく絡まったら火を止て、刻みネギを加えて混ぜ合わせれば完成。

ウマウマだし1週間程度は保存できるので、是非


Sscn2778
★ 余り物野菜たっぷり味噌汁と自家製豆腐 ★
味噌汁は具沢山がお好きなわたくしです、はいエヘッ それに自家製のお豆腐です。この豆腐、かなりねっとりと濃厚な味わいで、なかなかウマイんすよぉ~

ってな感じで、秋を感じながらの晩餐で御座いましたぁ~。

やはり、その時、その時の、旬な食材には沢山栄養(旨味)が詰まっていて、特別手を加えなくても、とーーーっても美味しいです


旬のお裾分けをくださいました皆様、ありがとうございましたーーーっ

またヨロシク(笑)

【 居酒屋 まるまん 】

居酒屋 まるまん


もう何度も行っているんですが、なかなかUPできてないのが現状です、溜まってます、はい・・・反省

・・・っちゅーワケで、前後バラバラなんですが、先日まるまんさん至近のマッサージに行った帰りに覗いたら、たまたまお客さんが居なかったので(いつもは宴会状態)、イレギュラーでお邪魔しました。w (あ、イレギュラーだったので愛用のカメラを持ってってなくて、携帯で撮りましたので画像が若干残念です。すんまっせん

で、パパさん(大将)と約束したので、この日の記事を、そそくさと先にUPしまっす


Dsc_0689
《お通し3点盛り》
手前より、冬瓜の桜海老餡煮、烏賊わた下足焼き、公魚の生姜煮です。まるまんさんのお通しは本当にクオリティーが高くて・・・そうそう、初めてお邪魔した時、このお通しで“間違いない店だ!”って確信したんですよね~・・・当ったり前だけど、ちゃんと手作りで、毎回違うし、どれもが其々に美味しいって話なんでね・・・。来る度に楽しみなひとつでもあります☆

Dsc_0690
《いんげん胡麻和え》
コレはパパさん(大将)が料理を待つ間にでも・・・と、なぁ~んと、サービスでくれちゃいました コレ、コレっ!この味っ!・・・なんつーかねぇ~、まるまんさんのお料理は本当に心がほっこりとする味付け。昔懐かしぃ~い、ほんのり甘い胡麻和えです~

Dsc_0691
《つぶ貝刺し》(ボードメニュー)
これヤバイ・・・プリップリのコリッコリっ 写真ではわかりにくいけど、たっぷり量もありました。噛む毎に甘味が増し、私が大好きな肝部分もしっかりと・・・“ぅんまい!ぅんまいっ!”って連呼してしまいました 丁寧に飾り切りしてあるセロリや、涼しげで重みのある器もステキです

Dsc_0692
《揚げ出し豆腐》
どこに行ってもメニューにあれば必ず頼んでしまう一品。で、ココまるまんさんでもマスト。w 揚げ出しでその店の出汁をみちゃったりしてますが(←えっらそーによっ!笑)、あ、言うまでも無くまるまんさんのはウッマイです、はい だから何度でも頼んでしまってます。w 添え付けの素揚げされたパプリカやピーマンもウマー

Dsc_0693
《ゴーヤとレタスの肉巻き蒸し》(ボードメニュー)
コレはパパさん(大将)もオススメの逸品!・・・いやっ、オススメなだけありましたっ!

Dsc_0694
私の想像とは違うスタイルで供されたその中身は、甘くて美味しい南瓜、瑞々しいセロリを中心に、ほんのり苦味のあるゴーヤとレタスを豚肉で丁寧に巻きあげたもので、上からかけられた胡麻ダレと相まってウマー も、とにかく、ウマーーー

Dsc_0695
《はんぺんチーズフイライ》(ボードメニュー)
はんぺんのフライが好きなんで、ソッコー頼んだんですが・・・

Dsc_0697
はんぺんとはんぺんの間にチーズが挟まれてボリュームがありました。下味もつけられているので特に調味料は要りません。とにかくふわっふわで衣はサクっ!・・・たまりませんでしたぁ~

Dsc_0699
《うな丼》(¥900、味噌汁・漬物付き)
やっぱ、まるまんさんに来たら鰻でしょぉ~・・・って感じで、そう、ココまるまんさんは“鰻居酒屋”(?)なんです!看板には“鰻”の文字が掲げられてますからねぃ

Dsc_0700
ドカ~ン!と立派な鰻さまが乗っかってます。写真では判り難いかもですが、鰻は肉厚でフワッフワで柔らかいんですよ~ で、甘辛いタレがしみたご飯がまた・・・たまらんとです☆

Dsc_0701
通常はお味噌汁なんですが、この日はすっごいタイミングが良く、なんと“鯛のお吸い物”が余ってるって事で、味噌汁ではなく、こんなに豪華なお吸い物をくださいました。相変わらずの優しぃ~い味付けに、しっかりと鯛の旨味が溶け込み、すっごくすっごくウマウマな汁でしたっ


と、黙々と食べていましたら・・・

Dsc_0702
『よかったらどうぞぉ~。』・・・って、まるまんさんの看板娘ちゃまが育ててこの日に収穫したというキノコと、美味しい豚肉を頂いちゃいました♪ キノコは香りが良く、噛む毎に甘味が感じられ冗談抜きで美味しい!・・・で、豚肉は良質の脂で、円やかな甘味が口に広がるお肉でした。なんでもこの豚肉はわざわざ少し遠方まで買出しに行った物なんだとか・・・。どちらもウマウマし☆


と思ったら、今度はママさんが・・・

Dsc_0703
天然の里芋をくださいました。里芋自体の味を味わってもらいたくて・・・と、味付けは、敢えて出汁は取らずに、本当に少量の醤油、みりん、砂糖のみ。ねっとりモチモチで、良い具合の土臭さが残る、最後にほっこり美味しい一皿でした☆

満腹メーターは上昇、ストレスメーターは下降・・・

相変わらず、目も、胃も、心も癒された夜なのでした・・・


と!

実はこの日、パパさんに後日行われるという、まるまん年に1度の日本酒の会にご招待頂きました

その日限りのまるまん松花堂弁当も出されるという事で・・・即答で、参加表明してきました~ ムフッ


まるまん、良いお店です


関連ランキング:うなぎ | 新高円寺駅高円寺駅東高円寺駅

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »